デジタルインプラントDigital Implant

デジタルを活用したインプラント治療

低侵襲だから、痛みや術後の腫れが少ない

デジタルインプラントについて

DIOインプラント

デジタルインプラントとは?

近代の医療界では電子テクノロジーを取り入れることで、「診断・治療計画・外科手技」は大きく変化していきました。
特に外科分野では「いかに、人体を少なく切って治すか」という低侵襲な外科」へと様変わりしています。

当院では、アメリカ、ヨーロッパ、日本等の医療先進国を含む70ヶ国に展開するグローバル企業「DIOインプラント」が開発したデジタルシステムを活用して、これまで以上に安心・安全なインプラント治療を行っております。

デジタルインプラントの
治療の流れ

CTデータ・口腔内スキャンデータにより
治療の効率性が期待されます

医師による審査・診断

1、医師による審査・診断

口腔内スキャンデータとCTデータにより口腔内の歯肉や骨の状態をチェックします。
口腔内スキャンデータとCTデータより、骨の硬さや量・神経の位置などの情報が分かり、インプラントを植立する位置を決めるサーカルガイドと仮歯等の制作をします。

サージカルガイドを使ったインプラント手術

2、サージカルガイドを使った
インプラント手術

サージカルガイドを使用することで、治療の正確や安全性がより高まります。また、歯肉を切らずに手術を行うため、痛みや腫れの減少につながります。インプラント1本手術の場合、平均15分程度で植立から仮歯の装着までができます。

仮歯の装着

3、仮歯の装着

インプラント手術と同時に、自然な見栄えの仮歯を即日装着することが可能です。

分析

分析

骨組織神経の位置周辺との位置を分析することで、インプラントを行う最適な位置を特定します

フラップレス手術の症例

フラップレスで(歯肉を切開しない手術)で
快適さを目指します

フラップ

フラップ

フラップレス手術

フラップレス手術

フラップ

フラップレス手術

施術事例

総入れ歯を使用した場合の
インプラント施術即日仮歯装着

総入れ歯を使用した場合

総入れ歯を使用した場合

総入れ歯を使用した場合

上顎部分入れ歯を使用していた場合の
上顎洞底膜拳上術で
インプラント施術

上顎部分入れ歯を使用していた場合

上顎部分入れ歯を使用していた場合

上顎部分入れ歯を使用していた場合

上顎臼歯部上顎洞底膜拳上術でインプラント施術

上顎臼歯部上顎洞底膜拳上術でインプラント施術

上顎臼歯部上顎洞底膜拳上術でインプラント施術

上顎臼歯部上顎洞底膜拳上術でインプラント施術

抜歯即日インプラント埋入後
仮歯装着

抜歯即日インプラント埋入後仮歯装着

抜歯即日インプラント埋入後仮歯装着

抜歯即日インプラント埋入後仮歯装着

抜歯即日インプラント埋入後仮歯装着

抜歯即日インプラント埋入後仮歯装着

歯肉を切開せずに骨移植と
インプラント埋入を同時に施術

歯肉を切開せずに骨移植とインプラント埋入を同時に施術

歯肉を切開せずに骨移植とインプラント埋入を同時に施術

歯肉を切開せずに骨移植とインプラント埋入を同時に施術

歯肉を切開せずに骨移植とインプラント埋入を同時に施術

歯肉を切開せずに骨移植とインプラント埋入を同時に施術

部分入れ歯を使用していた場合の
抜歯後即日仮歯装着

部分入れ歯を使用していた場合

部分入れ歯を使用していた場合

部分入れ歯を使用していた場合

部分入れ歯を使用していた場合

部分入れ歯を使用していた場合

前歯欠損状態でインプラント
施術後即日仮歯装着

前歯欠損状態でインプラント施術後即日仮歯装着

前歯欠損状態でインプラント施術後即日仮歯装着

前歯欠損状態でインプラント施術後即日仮歯装着

前歯欠損状態でインプラント施術後即日仮歯装着

前歯欠損状態でインプラント施術後即日仮歯装着