ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

寒い!!!

2012.12.12

こんにちは きしもと歯科クリニック アシスタントの井上巴那子です☆

白石さんのブログにもありましたが、最近ますます寒くなりつらいです…
境さんの天気予報どおり雪も降りましたね(笑)
これからも天気予報は境さんに聞こうと思います!!!

寒くなったといえば…
気温が下がり知覚過敏の症状がでる患者さんが増えてきたように思えます。

今回はその『知覚過敏』を説明しますね
まずなぜ『しみる』症状がでるかというと…歯の表面のエナメル質が何らかの原因により傷つけられ
傷つけられた結果、象牙質の一部が露出し知覚過敏の症状がでる。
そのことから『象牙質知覚過敏』とも言われるそうです。

次になぜ表面のエナメル質が傷つけられるかというと、
一番の原因にあげられるのが間違ったブラッシング方法です。
他にも歯磨き粉(研磨剤)や歯ぎしり咬み合わせ、加齢、歯周病、虫歯などいくつかあります。
ほとんどの原因が防ぐことのできるものです。
ブラッシングはブラッシング指導をしていますし、
歯ぎしりはナイトガードを作り歯への刺激を防げます。
虫歯ではない歯には、しみ止めのお薬を塗ることもできます。

原因によってそれぞれの治療方法がありますのでお困りの方はお気軽にご相談くだいね

最後に歯に刺激をあたえ、しみる症状がでるものをご紹介します!!
•冷たいもの •熱いもの •甘いもの •歯垢(プラーク)•歯ブラシ •風 •酸 などです。

 

 

 

 

一覧へ