歯科用CT

歯科医療は、歯など治療対象が大変小さく、繊細な手技が要求される医療です。
近年の歯科医療の発展でインプラント治療などの普及・認知度も高まっておりますが、きしもと歯科クリニックでは、安全に確実なインプラント治療はもちろんのこと、全ての治療において最新の歯科用CT装置を導入し、使用いたします。

診断をする材料として、従来は患者様からのお話・見た目からの判断・レントゲン画像を総合して判断していきますが、2次元のレントゲン画像だけでなく、3次元のCTの画像が加わることにより、今迄以上に正確な治療判断ができます。
「痛みの原因」「病巣の具合」「骨の状態」を3次元で確認することにより、今まで以上に正確で適切な治療計画の決定が出来る様になります。

より精度の高い歯科医療のために

パノラマ
高画質のデジタルパノラマを撮影後すぐにモニター上で画像を確認できます。
現状を一緒に確認頂き、症状をご説明のもと、治療を進行します。

CT撮影
360度全周から撮影したデータでは、複数のデータ解析表示が可能であるとともに、スライスされる位置や角度を変えることが可能となります。
本当に必要な部分の必要な角度での断面を見ることができます。
硬い骨質部分、通常の骨質、組織といった情報までもCT撮影にて確認する事ができます。
患者さんの細かな状態を把握・確認し、治療計画の立案にお役立ていただく事ができます。

当医院使用歯科用CT(Prevista)被爆量比較

まずは相談してみよう:メール無料相談はこちらから